自分を愛することがすべての自由と幸せを創る。自分の愛し方、教えます。

ナイカンナ

ワーク 連載

自分を受け入れ、愛するためのワーク。結婚したいけどできない女性へ4【連載】

更新日:

今回の記事は前回からの続きです。
まだ読んでいない方はこちらからどうぞ。ちょっと長めです。

【連載3】自分を愛すると、大切な誰かに愛される。

前回は幸せな結婚生活のためにはまずは自分を愛することが大切だというお話でした。

そして自分を愛することは結婚をするしないに限らず、幸せになるための中心となっていく要素です。自分を嫌ったまま幸せになるのは難しい……、というよりも無理なのだと思ったほうが良いと思います。でも、じゃあ、具体的に自分を愛するってどういうことなのでしょうか。

そもそも、「愛する」ということ自体が実はとてもあやふやに扱われています。ナイカンナでは、「愛する」ということを具体的な行動と定義します。愛することは行動することです。「愛はただそこにあるもの」なんていう歌詞もありましたが「愛」は名詞です。でも「愛する」は「愛+する」で、動詞なんですよね。

あなたが自分を愛するとき、恋人を愛するとき、それはいつでも行動なのです。愛は誰の中にも、ただそこに在りますが、愛することは、自分の中にある愛に端を発した行動なのです。

自分を愛するためのプラスとマイナス

愛することは「行動」です。ですから自分を愛することとは、具体的には以下のようなことになります。

  • 自分の身体を大切に扱い、ねぎらうこと。
  • 身体によいものをとり、適度に運動をすること
  • 自分自身に「好きだよ」「愛しているよ」と声をかけてあげること
  • 自分の望むことを、自分に許してあげること。
  • 行きたいところに行き食べたいものを食べること
  • 夢を叶えること
  • やりたくないことをしないこと

自分を大切に扱い、自分の望んでいることを自分に許可していくことが「自分を愛するプラスのワーク」になります。

ですが多くの場合、わたしたちの無意識は自分に対して毎日大量のダメ出しをしたり、罵声を浴びせたりしていることがほとんどです。
例えば「私はやる気がない/根気がない/グズだ/能力がない/恥ずかしいやつだ/役に立たない/人から嫌われている」などの、マイナスのイメージです。自分のことをそう思っているということは、自分で自分に毎日そのマイナスの言葉を浴びせているということ。そして、自分を嫌っているのならば、あなたは毎日繰り返し心の中にいる自分から「あなたのことが嫌い」と言われていることになります。

無意識に自分に言い続けている「マイナスの言葉がけ」をはっきり自覚するのには少し時間がかかります。ですが自分を大切にすることを始めて、心理ワークなども併用して自分との対話を続けていくと、少しずつ気づいていくことができるようになります。自分を不当に扱っている無意識を発見してそれを取り除いていくこと、それが「自分を愛するマイナスのワーク」です。

では、ナイカンナ的にオススメするワークを以下にご紹介していきます!できるところからすぐに取り入れていきましょう。

生活の中でできるプラスのワーク

生活の中に自分をいたわる瞬間を増やしていくことが自分を大切にすること=自分を愛することにつながります。大した理由もないのに我慢をしていることはないですか? 「こうだったらいいのにな」と思っていることや「ずっとやってみたかったこと」をやってみましょう。自分が欲しがっているものを自分にプレゼントするのです。

食べたいものを食べる。やりたいことをやる

ランチに行ったら、「太るから」とか「お得だから」などの理由ではなく、自分の食べたいものを食べるようにしましょう。あなたにはずっとあこがれている雑貨などはありませんか? 例えば素敵なティーカップやカトラリーなどです。なんとなく選んだもので過ごすのではなく、気に入ったものを少しずつ揃えてみましょう。キーワードは「自分にプレゼント」です。

自分のための時間をとる

一日のうち一時間、それが無理ならば30分でも10分でもいいので、自分のための時間をとりましょう。その時間にずっとやってみたかったことをやってみます。少しゆったりお茶をしたり、ずっとやりたかった英語の勉強をしたり。未来の自分がどんな風になっていたいか自由に考えてみるのもオススメです。誰にも邪魔されず、自分のために時間を使うのです。キーワードはもちろん「自分に時間をプレゼント」です。

お風呂をためて入る。体をマッサージしてお礼を言う

毎日あなたの生活を支えている体をいたわりましょう。身体は目に見えるものなので、体をいたわることは自分を大切にしている実感が得やすく、習慣にすることで自分を大切にする感覚が素早く身についていきます。かなりオススメの方法です。できれば湯船にお湯をためてゆったり浸かり、足や腕をなでたり軽くマッサージしながら心の中で「いつもありがと!」と声をかけてあげます。「いつも頑張ってるね!」とか「毎日大変だね。お疲れさま!」などの声掛けもよいです。お風呂に浸かるのが苦手な人はいつもよりたくさんの泡を立てて体を丁寧に洗いながら声掛けしてみましょう。

部屋の掃除をする。きれいな服を着る

とてもとても大切なお客様をお招きするとき、あなたは部屋の掃除をするのではないでしょうか。そう、きれいな空間は、それ自体がもう贈り物なのです。好きな家具や雑貨を揃えつつ、部屋をきれいに整えていきましょう。部屋の掃除をすることは「自分へのプレゼント」なのです。きれいな服を着ることも同じです。汚れてしまったものや傷んでしまったものは処分して、新しい服を着るようにしましょう。自分自身を大切に!

自分を愛するプラスの心理ワーク

生活の中で実際に「自分を大切にする」行動をとることはとてもパワフルに自分の潜在意識を書き換えていきます。潜在意識が自分の外側の世界も作っているということは、外側の世界を動かすことで自分の潜在意識に働きかけることもできるということです。ですが、変化をより素早く美しくするための心理ワークもご紹介します。

一人になって落ち着ける場所で試してみてください。所要時間は5分くらいです。
慣れれば、気持ちがざわついた時など、こっそりどこででもできるようになります。

光に包まれ愛を流すワーク

まず、だれにも邪魔されない安心できる場所でリラックスします。

目をつぶって深呼吸していきます。ここは安全で、誰もあなたを傷つけません。
(慣れないうちはこのガイドを見ながら行って構いません。簡単なのでそのうち見なくてもできるようになります)

目の奥や肩、胸、おなかの力を抜いていきましょう。

息を吐くごとに不安や緊張、ネガティブなものがあなたの中から出ていきます。
息を吸うごとにキラキラとした美しい光があなたの中に入っていきます。

安心した気持ちで深呼吸を続けていきます。

あなたの胸のチャクラが美しいピンクの薔薇色に輝いています。

しばしその光を感じてみましょう。

宇宙の一番高い、神聖な場所から、あなたのために、白く輝く光の玉が下りてきました。

光の玉はあなたの頭の上までくると、すぐに大きくなり、あなたを包み込みます。

白い光の中で、あなたの薔薇色の光が一層美しく輝いています。

あなたが呼吸をする度に白い光は大きくなり、薔薇色の光は一段と輝いていきます。

息をする度にあなたのネガティブは白い光によって浄化され、全てが軽くなっていきます。

息をする度にあなたの薔薇色の光は強く輝いていきます。

ゆったりとした気持ちで深呼吸を続けましょう。

どうぞ、心がリラックスするまで、自分が満足するまで続けてください。

最後に、自分の胸に輝く薔薇色の光を両手にひとすくいします。
この輝きはあなた自身が持つ光ですから、一切減ることはありません。

両手の上の薔薇色の光は自然に浮き上がり、飛んでいきます。

あなたの光は宇宙へ流れ、溶け込み、地球を優しく包み込みます。

しっかりと想像できたらゆっくりと目を開けて、今、ここに戻ってきます。

生活の中でできるマイナスを減らすワーク

生活の中でマイナスを減らすために一番大切なのは自分にバツをつけている無意識に気づき、止めることです。最初のうちは難しいのですが、意識的になることで少しずつ気づいていくことができます。

嫌な気持ちを味わう意識を持つ

失敗したとき、嫌なことがあった時、実は私たちは、その気持ちを感じたくないためにすぐに意識をそらしたり、気持ちにふたをしたりしてしまいます。ですが、感情というのは感じればそのままいなくなり、我慢をすると体に残るものなのです。ですから、イライラや怒り、悲しみなどのネガティブな気持ちが起こった時にはその気持ちを感じるようにしてみましょう。

自分の考えに注意を払う

気づいた時だけでもいいので、「自分が普段何を考えているのか」に注意を払うようにしてみます。脳というのは通常、一時も休むことなく何かを考えて続けています。なにか心配事がある時、ぐるぐると病的にずっと同じことを考えてしまうことがありますよね。脳は『解決するため』に存在する器官なので、解決しない心配事があると、そのことばかり考えてしまいます。また、今までに解決しなかった疑問や不安、心配事を、今でも考え続けています。今、なにを考えているかに注意を払うことで、暴走しがちな脳のおしゃべりを止めることができます。脳のおしゃべりが静かになれば、潜在意識の声に気が付きやすくなっていけるのです。

嫌なことがあった時、自分の味方になる

誰かに嫌なことを言われた時、嫌なことがあった時、ミスしてしまった時、自分を責める代わりに、相手に心の中で悪態をつく代わりに、「嫌な気持ちになっちゃったね」と自分にいってあげましょう。「ついてなかったね」「災難だったね」「ドンマイ」と自分を励ましてあげましょう。消耗していく代わりに、自分に愛をプレゼントしてあげましょう。

嫌な気持ちが止まらない時には、全てを紙に書き出すのが本当にオススメです。感情も思考も、「自分の外に出す」と向き合いやすくなり、手放すのが容易になります。

マイナスを減らす心理ワーク

マイナス減らすためにオススメのワークは瞑想です。
心を静かに落ち着けて瞑想をすることで、脳内のおしゃべりを止めることができます。すると四六時中あなたを攻撃し続けている無意識も静かになり、その分あなたの心は安らぐことができるのです。

プラス(自分への愛)を増やし、マイナスを減らす(自分への攻撃をやめる)ことで、あなたは自分を愛し始めます。それは、誰かから愛され、幸せになるための大切な一歩なのです。

ぜひ、今回書いたワークをひとつでも多くやってみてください。「自分を大切にしよう」と心がけてみてください。
それは、本当に、お金をかけた品物を買うより、素敵な旅行をするより、どんなことよりももっと、あなたを愛するための最高のプレゼントなのです。

次回は少し軽めの回です。「結婚する」ためにできる行動のバリエーションを増やす、結婚風水のオススメ行動です。

結婚風水出会い篇。結婚したいけどできない女性へ5【連載】

結婚したいけどできない! とお嘆きの素敵な女性の皆さん。 そして長い連載を読んでくださっているワンダフルな女性の皆さん。ありがとうございます。そしてお疲れさまでした。 前回、前々回はとても長かったです ...

-ワーク, 連載
-, ,

Copyright© ナイカンナ , 2024 All Rights Reserved.